株主優待って知ってますか?例えば、ある企業の株を購入すると、その企業が展開しているサービスなどを格安、または無償で受けられたりするというお得なものです。株主優待券は普通のサービス券とはわけが違うので、使わないのは損ですよ。

人気もあって利用もしやすい株主優待券は

株主優待は種類も色々株主優待には実に様々な種類のサービスが存在していますが、その中には自社サービスの優待券を株主優待にしているケースがあります。自社サービスを優待にするということは、基本的には株主がそのサービスを利用していることを前提にしなければ魅力のある優待にはなり得ません。そのためこの種類の優待の中には人気の有無が非常にはっきりと分かれるという特徴があるのです。この様な優待を採用するかどうかは企業の判断によりますので自社サービスのユーザーに株主になってもらいたいという考えが強い場合にはこの様な対応を取ることもあります。
しかしながら株主優待券というスタイルでの優待でも広くユーザー以外にも人気が集まる種類のものも少なからず存在しています。具体的には自社サービスの利用券や割引券であるという点は変わらないのですが、その権利を行使することが出来るのが株主本人でなくても良いという種類のものの場合には金券ショップで取引を行うことが出来るものもあります。高い需要がある株主優待券の場合には金券としての取り扱いが可能なものもあり、人気を集めることになります。
その具体的なものとしては大手外食チェーンの食事券や大手航空会社の割引チケットなどいくつかの種類が存在しています。株主本人がその優待の権利を行使しない場合は金券ショップに売却することでその権利を現金に換えることが出来るのです。この様な仕組みが利用できる株主優待券は比較的高い人気を持つようになります。人気もあって利用しやすいという優待にはこのような特徴が見受けられるのです。優待券を売却を前提として受け取りたいと考えているのであれば、高値で取引されている優待券をあらかじめリサーチしておくのが良いでしょう。
しかしながら実際には株主本人しかその権利を行使することが出来ないケースや、誰もが利用できる一方で需要が極めて限定的なサービスの優待券などの場合には金券ショップでの取り扱いが行われないケースもあります。その様な種類の優待の場合には如何に額面が大きかったとしても現金化することが難しい場合もあるのです。優待券を配布する仕組みの銘柄に投資をする場合、その企業の提供しているサービスに直接的に魅力を感じていないのであれば良く考えて投資先を検討すべきです。自社サービスの優待券の場合にはその額面が高く設定される傾向にありますが、必ずしもお得であると言いきれない状況にあることも少なくありません。

株主優待がない株もあるので気になるなら先にチェック

株主優待ではクオカードなどもあります株式投資を行う人にもいくつかの目的があります。高配当に注目し、その株の売買による利益、または年に1回または2回程度ある配当金による利益ということで、お金の収入が目的という人が多いところです。そんな中、株主優待が目当てで株式投資を行っているという人も最近では多くいます。

株主優待とは、企業が株主に対して配当金と同じように、年に1回か2回程度、何かしらの商品やサービス券を贈るというものです。株も大量に必要ではなく、多くは1単元(株の最低売買単位)持っていれば対象になりますので多くの資金は必要ありません。株を買ってくれた人に、企業からの感謝やサービスという意味合いになります。ふるさと納税と同じような感じです。
どんなものが贈られてくるのかというと、お米やその企業がある地域の名産、企業が取り扱っている商品、割引き券、クオカード、商品券などとなります。
優待を目的に投資を行っている人は、株価や企業状況も多少は考慮するでしょうが、企業が提示している優待品を欲しいかどうかで株を買っているということになります。また、優待品の内容がお金に換算するとすごく高いものもあり、配当金と合わせて利回りが良いと考えて買うという考えもあります。 投資家と言えば、株価や経済に関連するニュースを気にして、チャートを見て直ぐに対応するイメージがありますが、優待目的であればゆったりとできます。普段は仕事をしていて平日の日中は時間が取れないというサラリーマやOLにはやりやすいと言えます。お金が目的で多くの資金を投資している人は株価の変動で精神的にもきついですが、その心配もありません。これから株式投資を始めるとう人にもお勧めできます。 株主優待を目的に株式投資を行う場合、注意することは、株主優待を取り扱っていない企業もあるということです。どんな企業がどんな優待品を用意しているか、もらうための株主の条件は何かという情報は、証券会社のサイトや企業ホームページ、株をテーマにした個人ブログなどに記載されていますので購入前に確認する必要があります。 もう1つ注意することとして、株主優待は権利確定日というものがあり、その日に株を持っていれば優待品が贈られてくる対象になります。逆に言えば、その日だけ持っていても対象になるため、その権利確定日の前後で優待目的に株売買が増え、株価が大きく変動します。そのため、権利確定日の直近でその株を買うのは割高という場合が多いです。投資顧問業者はお得な株主優待情報を知っていることもあります。株主優待を得ることももちろんですが、投資で儲けることも考えてみませんか?投資は情報が命ですから、投資顧問業者の情報を得るのも1つの方法です。投資初心者でも安心な、ファーストリッチ投資顧問で情報収集しましょう、思わぬ良い情報が流れてくることも十分に考えられます。他にも、投資顧問サイトを見つけるコツとしてトレーダーズブレインマーケットの評価を参考にしてみてはいかがでしょうか。比較できる投資顧問が多ければ考え方も広がるでしょう。

■他にも投資顧問サイトをお探しなら
イーキャピタルを参考にしよう

株主優待関連記事

  • 株主優待で知る日銀とダイワの違い

    日銀は、日本を代表する金融機関ですが、実は証券市場に上場しています。 しかし、日銀の証券は殆どが政府保有で、民間に出回る数は限られていますから、取り引きされる量

  • ハマイと塩野義製薬の投資情報と株主優待について

    LPGボンベ用バルブ国内首位の会社に株式会社ハマイという会社があります。 この企業はLPG容器を主軸として燃料電池開発も手掛ける会社として東証ジャスダック市場

  • 株主優待銘柄のオーダー動向と株価

    個人投資家の間には、株主優待関連銘柄の人気が高いと言えますが、この株主優待関連銘柄の値動きの動向には特徴があると言ってもよいでしょう。すなわち、株価は売りと買い

  • 株主優待がない株の魅力ってなにがあるの?

    株主優待に大きな魅力を感じている人がいるのは事実でしょう。何もしていなくても、株価が上がろうが下がろうが常に一定した優待がもらえるというのは確かにうれしいです。